くらし情報『「もっと深いところにいけるかもしれない」燃え殻さんが与えてくれた希望【BE:FIRST・LEO】』

2022年5月1日 12:00

「もっと深いところにいけるかもしれない」燃え殻さんが与えてくれた希望【BE:FIRST・LEO】

目次

・まさに「運命」だった…燃え殻さんの本との出会い
・「ありきたりの表現をしない」 作詞をするときに意識していること
・“お気に入り”を言いたくない理由
・「表現力の可能性を感じた」燃え殻さんが与えてくれた希望
「もっと深いところにいけるかもしれない」燃え殻さんが与えてくれた希望【BE:FIRST・LEO】

2021年11月に結成された7人組ダンス&ボーカルグループ「BE:FIRST(ビーファースト)」。

デビューシングル「Gifted.」のYouTube再生回数は1,802万回、5月にリリース予定の2ndシングル「Bye-Good-Bye」は1665万回と大ヒットを記録しているほか、4月からグループ初の冠番組『BE:FIRST TV』(日本テレビ系)がスタート。また、今クールの連続ドラマ「探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~」(読売テレビ・日本テレビ系)の主題歌『Betrayal Game』を担当するなど、今注目のグループです。

そんな「BE:FIRST」のメンバー・LEO(レオ)さんが、ベストセラー小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』やエッセイ集『すべて忘れてしまうから』などで知られる燃え殻さんの著書を愛読していることが、ファンの間で話題に。

そこで今回、燃え殻さんの最新エッセイ集『それでも日々はつづくから』(新潮社)が4月27日に発売されたことに合わせ、“燃え殻ファン”のLEOさんに、作品の魅力についてお話を伺いました。前後編。

BE:FIRSTのLEOさん

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.