くらし情報『のどがイガイガ、ヒリヒリする…花粉症をケアするツボ集【鍼灸師に聞く】』

2022年5月2日 19:45

のどがイガイガ、ヒリヒリする…花粉症をケアするツボ集【鍼灸師に聞く】

目次

・空気とともに吸い込む花粉に刺激される
・のどの症状をケア…のどの周りにあるツボ3つ
・手と腕にあるのどケアのツボ2つ
・聞き手によるまとめ
のどがイガイガ、ヒリヒリする…花粉症をケアするツボ集【鍼灸師に聞く】

花粉症による不快な症状を少しでもセルフケアできないかと、外出時でもできるツボ押しについて、鍼灸師で太子橋鍼灸整骨院(大阪府守口市)の丸尾啓輔院長に連載で聞いています。第2回は目の症状をケアするツボを教えてもらいました。

今回は、のどの痛みや腫れ、不快感などのつらいのどの症状について尋ねます。

空気とともに吸い込む花粉に刺激される

はじめに丸尾さんは、花粉症によるのどの症状についてこう話します。

「のどや鼻から空気とともに花粉を吸い込むと粘膜が刺激されて、のどが痛む、かゆい、イガイガ、ヒリヒリと不快感がするなどの症状があらわれます。鼻とのどはつながっているため、鼻で吸い込んだ花粉ものどに流れて炎症を起こします」

また、ツボの押し方について、「のどに近い位置にあるツボから順に紹介しますが、のどにある『人迎(じんげい)』は決して強く押してはいけません。押しやすい指の腹でそっとなでる・さするようにします。そのほかのツボは、ツメを立てないようにして押しやすい指の腹でひと押し5~10秒ほどを3~5回くり返します」と丸尾さん。

のどの症状をケア…のどの周りにあるツボ3つ

どのツボも、のどの乾燥、痛み、イガイガ感、ヒリヒリ感、かゆみなどの不快な症状を緩和します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.