くらし情報『「ふつう」でも「ふつう」じゃなくても、それなりに苦しい 『一般男性』の話から見えてきたもの』

2022年5月10日 20:45

「ふつう」でも「ふつう」じゃなくても、それなりに苦しい 『一般男性』の話から見えてきたもの

というざっくりとした解像度で見ていたなと気づきました。そこでまず気になったのが『一般男性』を、どのように定義したのか。よく情報番組などでは“一般的な男性”というときに「年収〇〇万円」「身長〇〇センチ」「大卒」「正社員」みたいなスペックをあげたりしますよね。本書ではどうしましたか?

清田:すごくざっくり説明すると、有名人とか何かの専門家であるとか、普段我々が取材に行くような人ではない人。街で見かけても「ふつうの男性」と認識されるような人たち、というか。もう少し詳しく言うと、ヘテロセクシュアル(異性愛者)でシスジェンダー(出生時に割り当てられた性別と性自認が一致)で、心身ともに概ね健康で学校や会社に属している“マジョリティ(社会的多数派)”の男性……というイメージになるでしょうか。

安次富:いわゆる「ふつう」と言われるような。

清田:そうそう。最初から「これが一般男性です」とガチガチに定義するとか、それこそ「大卒」「正社員」といった条件を設けることはせずに“市井の男性”くらいの漠然としたところからスタートしました。だけど、取材を進める中で、本にも登場する「売れないお笑い芸人」や「東大生」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.