くらし情報『ツヤ髪力アップ! ヘアオイルを使いこなす5つのコツ【美髪プロが教える】』

2022年6月30日 15:45

ツヤ髪力アップ! ヘアオイルを使いこなす5つのコツ【美髪プロが教える】

目次

・ヘアオイルには「植物性」「動物性」「鉱物性」の3種がある
・濡れた髪の毛先から中間に数滴つけるのがコツ
・聞き手によるまとめ
ツヤ髪力アップ! ヘアオイルを使いこなす5つのコツ【美髪プロが教える】

ツヤツヤの髪を目指してヘアオイルを毎日使っていますが、なかなか結果が出ません。なぜなのか気になり、美容師で美髪ケアを追求する三谷遥さんにその理由を尋ねてみると、「ヘアオイルの選び方や使い方にもコツがあります」とのことです。その方法について、教えてもらいました。

ヘアオイルには「植物性」「動物性」「鉱物性」の3種がある

三谷さんはまず、ヘアオイルの働きと種類についてこう話します。

「ヘアオイルは髪をオイルの膜でコーティングして表面を整え、種類によっては内部の補修をします。具体的には、髪をまとめる、うねりを抑える、静電気や紫外線、熱、摩擦によるダメージの進行を抑える、保湿する、ツヤを与えるなどの役割があります。

ヘアオイルは大きくわけて3種類あります。主に、『植物性オイル』『動物性オイル』『鉱物性オイル』です」

次に、その3種類の特徴を次のように挙げます。

・植物性オイル…椿オイル、オリーブオイル、ホホバオイル、アルガンオイル、ローズヒップオイルなど、天然成分を原料としています。素材になじみがあり、ほかの種類に比べてさっぱりした使用感なので、ヘアオイルビギナーは使いやすいでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.