くらし情報『男の子と女の子、育て方の違いって? 教育の専門家に聞いてみた』

2014年1月21日 15:35

男の子と女の子、育て方の違いって? 教育の専門家に聞いてみた

男の子と女の子、育て方の違いって? 教育の専門家に聞いてみた

一般的によく耳にする「女の子のほうが子育てがラク」説。男1人女2人の子どもを育ててきた筆者(女)の母も、弟を指して「あの子には苦労した」と苦笑します。でも、これって本当なのでしょうか?

「20数年にわたって子育ての相談を受けてきましたが、とくに多いのが『男の子って育てづらい!』といった相談です。一方で、女の子の子育てにも、男の子にはない特有の悩みがあります」と話すのは、『男の子の育て方』『女の子の育て方』(WAVE出版)などの著書がある教育カウンセラー・明治大学文学部教授の諸富祥彦さん。男の子、女の子それぞれで異なる「育て方」についてお聞きしました。

男の子の育て方:「しつけ期にお手伝いをさせること」で一人前に
「結婚できて、就職できる男性に育てるには、0~6歳までの乳幼児期の“ラブラブ期”+小学生時代の“しつけ期”における親の接し方がキーになります」と諸富さん。とくに乳幼児期に母親から惜しみない愛情を受けることで、男の子は「いざとなれば、お母さんがいる」と安心感を持つようになり、それを土台として挑戦できる、自信の持てる子どもになっていきます。

「ラブラブ期におけるお母さんと男の子の関係は『恋人感覚』でOKです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.