くらし情報『「私、何歳だと思いますか?」は老いのサイン! 若さを保つための“年齢詐称”のススメ』

2015年1月28日 12:00

「私、何歳だと思いますか?」は老いのサイン! 若さを保つための“年齢詐称”のススメ

「私、何歳だと思いますか?」は老いのサイン! 若さを保つための“年齢詐称”のススメ

「私、何歳だと思いますか?」

このように、自分の年齢を他人に当てさせようとする女性は、“自分が若く見える”という自信がある人です。そもそも若い女性は、そんなことはしません。悲しいですが、自分の年齢を他人に当てさせ始めたら、老いに向かい始めたサインと言えます。

まずは「老い」を自覚しよう!
お肌の曲がり角は25歳と言われていますが、人間の成長が止まるのは18歳と言われています。すなわち18歳を過ぎたら、どんなに自分は若いと思っていても「老い」を自覚することが必要です。スキンケアなど肌の手入れは一層力を入れなくてはいけません。しかし気持ちはしっかり「若く」持っていましょう。まずは自分を騙すことから始めるのです。

<自分を「若い」と騙す3つのステップ>

1.「設定年齢」を作る

一般的に上下2~3歳までが同世代なので、2~3歳くらい若く見えるのはよくあることです。実年齢より4~6歳くらい下で設定することをオススメします。

2.若い男女と交流しよう

自分より若い世代の男女と遊ぶようにしましょう。環境が自分自身を作ります。モテない人とばかり遊んでいると自分もモテないように、人間は周りの人物に強い影響を受けます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.