くらし情報『自分をうつだと思い込む「かまってちゃん社員」とは? 会社経営を圧迫する“面倒社員”の扱い方』

2015年1月30日 09:00

自分をうつだと思い込む「かまってちゃん社員」とは? 会社経営を圧迫する“面倒社員”の扱い方

自分をうつだと思い込む「かまってちゃん社員」とは? 会社経営を圧迫する“面倒社員”の扱い方

近年SNSを中心にその存在が注目されるようになった「かまってちゃん」。「自分をもっと見てほしい」「心配してほしい」という気持ちの強い人を指しますが、プライベートの場だけではなく、職場にも「かまってちゃん社員」が増えているといいます。話題の本『「かまってちゃん」社員の上手なかまい方』(ディスカヴァー携書)の著者で、産業カウンセラーの大野萌子さんに、かまってちゃん社員の取り扱い方について話を伺いました。

かまってちゃんの基本は「自分は悪くない、悪いのは他人」
――現代のキーワードとなる「かまってちゃん」をテーマにした本書。出版に到った経緯は何だったのでしょうか。

大野萌子さん(以下、大野):私は企業で社員向けのカウンセリングを行う仕事をしています。相談に来る人の大半は、うつの薬を飲んでいたり、通院していたり、休職後に復職したり……といった人々。でも話を聞いてみると、4割近くの人に対して「これってうつなの?」と疑問に感じてしまいます。保健師や産業医とも情報交換をしますが、彼らも私と同じ感覚を持っています。

そもそも健康な人は誰でも「うつ状態」になり得るのです。生きている限り、嫌なことやツラいことはありますから、むしろずっとハイな状態でいるほうがおかしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.