くらし情報『自分をうつだと思い込む「かまってちゃん社員」とは? 会社経営を圧迫する“面倒社員”の扱い方』

2015年1月30日 09:00

自分をうつだと思い込む「かまってちゃん社員」とは? 会社経営を圧迫する“面倒社員”の扱い方

かまってちゃんが自由気ままに休んだり、復職したりするのを見て、周りが「頑張らなくてもクビにならないなら自分もラクしたい」と考えてしまうケースもあります。

病気の場合、辞めさせるわけにもいかないので、かまってちゃんを抱えることは、さまざまな意味で会社の死活問題になり得るのです。

「できていること」を褒め、特別視しないことが鉄則
――では、かまってちゃんをどう取り扱うと、その“症状”が改善されるのでしょうか。

大野:総じてかまってちゃんは自己肯定感が低いので、まずは身近な人が認めてあげることが大事です。かまってちゃんが変わるかどうかは、本人の資質以上に周囲の環境が大きく影響しています。上に立つ人の意識や雰囲気など、目に見えないことが非常に大事なのです。

最近ACジャパンが「おとなもほめよう」というCMを放送していて、これはいいなぁと思いました。褒められると大人でもうれしく感じるものです。とくに社会人になると仕事ができてあたりまえですから、褒められる機会はぐっと少なくなります。まずは相手が「できていること」を褒めてみてください。

――しらじらしくない、自然な形で褒めるコツはありますか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.