くらし情報『自分をうつだと思い込む「かまってちゃん社員」とは? 会社経営を圧迫する“面倒社員”の扱い方』

2015年1月30日 09:00

自分をうつだと思い込む「かまってちゃん社員」とは? 会社経営を圧迫する“面倒社員”の扱い方

大野:企業でコミュニケーション研修をすると「(部下の)何を褒めるんですか?」と尋ねてくる管理職もいますが、上司から部下へは「感謝の言葉」を伝えるだけで十分な褒め言葉になるのです。具体的には「ありがとう」「●●のおかげで助かった」「よくやった」「さすが」などでしょうか。

ちなみに褒めたら「褒めっぱなし」にしておくのがいいです。メンタルが弱い人だと「さすが●●君だね、次も頼むね」と言われると、それがプレッシャーになってしまうのです。褒め言葉の一言だけで終わらせるのがコツですね。

――かまってちゃんの周囲にいるメンバーの士気を下げない方法を教えてください。

大野:かまってちゃん問題は職場全体の問題なので、一体感を持って取り組まない限り、状況は変わりません。上に立つ人が厳しさと優しさをバランスよく持って、かまってちゃんを特別視しないことが大事です。

長所を見つけて褒めてあげるのも欠かせませんが、もしかまってちゃんが周囲に迷惑をかけているようなら、周りの社員に「大変だけど頑張って」と声をかけるべき。上司ができることは全員を平等に扱うことと周囲のフォローですから。

>>【後編はこちら】職場で感情的になってはダメ!女性が「かまってちゃん社員」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.