くらし情報『大人が知らない小学生の「モテ事情」とは? まんが誌『ちゃお』担当者が明かす、現代少女のニーズ』

2015年2月2日 18:00

大人が知らない小学生の「モテ事情」とは? まんが誌『ちゃお』担当者が明かす、現代少女のニーズ

大人が知らない小学生の「モテ事情」とは? まんが誌『ちゃお』担当者が明かす、現代少女のニーズ

>>【前編はこちら】少女まんが誌『ちゃお』の大ヒット付録はどう生まれるのか?企画者に聞く、女子60万人の心を掴む方法
前編では、少女コミック誌『ちゃお』の付録が生まれる会議やコンセプトについて付録担当の植田優生紀さんにお話をうかがいました。後編では、2014年に登場した付録の中から特に反響が大きかったものをうかがいます。

デジタル感に鮮明なコンセプト・・・子どものあこがれとニーズを反映
――昨年発行された中で、特に部数を伸ばした号の付録にはどんなものがあるのでしょう。

植田優生紀さん(以下、植田):まず、3月号で出した「ライトボックス」ですね。あこがれの先生の漫画をトレースして楽しむなど手軽に漫画家気分を味わえるとあって、子どもたちに大人気でしたね。また、私自身はそんなにネットを見ないので知らなったのですが、この号が発売するやいなや「SNSで話題になっているよ」と友人から連絡が来て、非常に驚きました。実際に見てみると「付録につられて何十年ぶりに『ちゃお』買っちゃった」といった大人の方からのご意見が多数あり、うれしいかぎりでしたね。

――これには本当に驚きました。実は、私の友人も15年ぶりに『ちゃお』を買ったそうなんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.