くらし情報『女の「してほしい」を叶えるのが官能小説―女性作家が語り合う、日英セックスシーンの意外な共通点』

2015年2月16日 20:00

女の「してほしい」を叶えるのが官能小説―女性作家が語り合う、日英セックスシーンの意外な共通点

一方で女性は、性の解放という名のもとに、「ベッドでも、受け取るばかりではなく、与えることが大切」だと諭されたり、また、反対に「テクニックを身に着けて、積極的にならないと、飽きられてしまうのではないか」と強迫観念を持ったり。けど、女性向けの官能小説を書いていてものすごく思うのは、やっぱり女性はロマンチックなシチュエーションで、相手から強く求められるのが大好きなんですよ。だから小説の世界では「してほしい」という女性の願望をかなえているわけです。

E.L.:あらそうなの?日本の男性は怠惰なのねえ(笑)。SMは縛ったりするでしょう。縛られていると自分は何もしなくていい、いろいろしてもらえるから、逆に解放感があるんじゃないかしら。自分が頑張ってやるよりいいはずですからね。アナとクリスチャンの場合は、経験豊富の男性で相手は身を任せることができるから、理想的なのかもしれないわね。女性は自分が求めていることが明確にわかっている
大泉:映画化された『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』をご覧になっていかがでしたか?

E.L.:とても素晴らしい映画になったと思うわ。原作に忠実に描かれているし、アナを演じたダコタ(・ジョンソン)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.