くらし情報『木嶋佳苗被告の自伝的小説が発売! 初潮、初体験、援交…赤裸々な性を綴った大作の意外な中身』

2015年3月10日 20:00

木嶋佳苗被告の自伝的小説が発売! 初潮、初体験、援交…赤裸々な性を綴った大作の意外な中身

木嶋佳苗被告の自伝的小説が発売! 初潮、初体験、援交…赤裸々な性を綴った大作の意外な中身

ニコニコチャンネルより

先日、「婚活連続殺人事件」の木嶋佳苗被告の自伝的小説『礼讃』が角川書店から発売された。彼女が起こしたとされる2009年に発覚した3件の殺人、6件の詐欺・詐欺未遂、そして、1件の窃盗の容疑からなる事件番号「平成21年(わ)第1809号等(詐欺、詐欺未遂、窃盗、殺人)」は、2012年にさいたま地方裁判所で行われた第一審が話題になった。
被告人質問の際に、木嶋被告が赤裸々に自らのセックスを語り、自分の性器がすぐれているという「名器発言」はメディアで大きく取り上げられた。一審判決は全面的な有罪判決で、その後、木嶋被告が朝日新聞社に送った手記やブログも大きな反響を呼んだ。被告としてだけではなく、書き手としても注目される彼女の処女小説はどのような内容なのだろうか。

事件にはほぼ触れず
主人公・木山花菜は、北海道の片田舎ながら文化的な家庭の長女として生まれる。幼いころからピアノを習い、文学に触れ、一見恵まれた育ちにみえるが、花菜をとりまく大人たちはかなり強烈だ。

花菜は8歳の頃に早すぎる初潮を迎えるが、10歳の時には小学校の男性教諭から「木山さんが妊娠しているという噂が流れているんです」


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.