くらし情報『クズ家庭で兄の性的暴力から15歳で家出… 他人に何も求めなくなった38歳女の闇――知られざる女の真実Part11』

2015年3月23日 19:00

クズ家庭で兄の性的暴力から15歳で家出… 他人に何も求めなくなった38歳女の闇――知られざる女の真実Part11

クズ家庭で兄の性的暴力から15歳で家出… 他人に何も求めなくなった38歳女の闇――知られざる女の真実Part11

「大人になる」ということは、「自立する」ということでもあります。しかし、誰もが成人すれば、「大人になる」=「自立」できるわけではありません。経済的、精神的ともに自立をするには、仕事と意思が必要不可欠ですが、「がんばらなくていいんだよ」という優しいメッセージが氾濫するこの世の中に於いては、自立することに対する決意がなかなか持ちにくく、また、例え自立したくても、経済的な問題が、自立の妨げになることもあります。今回登場いただくのは、とある事情がキッカケで、ティーンエイジャーの頃に家出を試みたことが自立の第一歩となったという女性です。

【15歳で家出し、父や兄とは絶縁状態のI子さん(38歳・フリーライター)】
I子:うち、とにかく家族全員がクズなんですよ。父は競馬狂だし、祖母はそんな父親に甘々でべったり。兄に至っては、わたし、性的暴行をされそうになって(笑)。いや、笑いごとじゃないんですけど、そんな家にいられないじゃないですか。で、15歳で家出して、しばらくは、人様にあんまり言えないことをして暮らしていたんです。けど、結局、保護されて。そのタイミングで母親と一緒に家を出てふたり暮らしをしていたんですが、この母親もなかなか強烈な人で。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.