くらし情報『夫婦別姓を選択すると子供への影響は? 事実婚の夫婦が語る、周囲の対応』

2015年4月11日 15:00

夫婦別姓を選択すると子供への影響は? 事実婚の夫婦が語る、周囲の対応

夫婦別姓を選択すると子供への影響は? 事実婚の夫婦が語る、周囲の対応

橘昭子さん

>>【前編はこちら】なぜ「夫婦別姓」は認められないのか?事実婚夫婦に聞く、賛成派と反対派の対立

夫婦別姓でご結婚された行政書士の水口尚亮さんと橘昭子さんご夫妻。前編では、夫婦別姓を選択するために婚姻届を出さない事実婚の夫婦でも、基本的なルールを決め、契約書を作成し、遺言書を書くことで、法律上の夫婦とほぼ同等レベルにできるというお話を伺いました。後編では、子供への影響について伺います。

出生時に婚姻届が出されていない場合、子供の親権は自動的に母親に
――先生達にはお子様もいらっしゃいますが、お子様の姓はどうされたのですか?親権はどうなるのでしょうか?

水口尚亮さん(以下、水口):1人目が妻の姓で橘、2人目を私の姓である水口にしました。1人目は妻の戸籍に、2人目は私の戸籍に入っています。戸籍が違っていても子供の認知届けを出すことで父親の欄に私の名前が記入されます。とはいえ、認知しても子の立場は婚外子(非嫡出子)。現状では夫婦別姓の子供は非摘出子となってしまうのは避けられません。但し、民法が改正されたので、非嫡出子でも法律上の不利益はありません。

橘昭子さん(以下、橘):親権者についても1人目は私、2人目は夫です。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.