くらし情報『同じことを角度を変えて何度も言ってみる ゲッターズ飯田が教える、人に伝わる話し方』

2015年4月22日 18:00

同じことを角度を変えて何度も言ってみる ゲッターズ飯田が教える、人に伝わる話し方

同じことを角度を変えて何度も言ってみる ゲッターズ飯田が教える、人に伝わる話し方

昨年発売の『ゲッターズ飯田の運命の変え方』(ポプラ社)が9万部を突破した“芸能界最強の占い師”ゲッターズ飯田さん。4月発売の新刊『ゲッターズ飯田の運命を変える言葉』(ポプラ社)には、運を引き寄せるポジティブな500の言葉と500の解説が詰まっています。それらの言葉の集め方と、場面ごとの上手な言葉の使い方について伺いました。

面白く伝えようと思うとそう伝わるもの
――『ゲッターズ飯田の運命を変える言葉』のまえがきに、「言葉をメモするようにしていた」とありますが、そもそもなぜ言葉をメモするようになったのですか。

ゲッターズ飯田さん(以下、飯田):ブログを10年くらい前からやっていて、最初は「ラーメン食べた」とか、たわいもないことを書いていたんです。昔の僕のマネージャーだった人が、「お前がラーメン食べた話なんかどうでもいい」と冗談半分に言ってきて、「人にそれだけ会って、無料で占っているんだから、そういう奴が何を感じたか見たいから、そっちのほうがいいよ」と言われて、それを書いてたんです。

でも書いているとだんだんネタもなくなってくるから、日々、本を読んだり、人から聞いたりした言葉をメモし出したんです。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.