くらし情報『「LGBTの希望になりたい」 佐藤かよ、IVANらがモデルを務める写真プロジェクトが目指すもの』

2015年4月27日 10:50

「LGBTの希望になりたい」 佐藤かよ、IVANらがモデルを務める写真プロジェクトが目指すもの

「LGBTの希望になりたい」 佐藤かよ、IVANらがモデルを務める写真プロジェクトが目指すもの

左から、IVAN氏、Gap Japanのジェネラルマネージャー、エリン・ノーラン氏、レスリー・キー氏

日本のLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)をはじめ、様々なセクシュアリティの人々のポートレートを撮影するプロジェクト「OUT IN JAPAN」の写真展が、Gapフラッグシップ原宿で4月28日まで開催されている。

IVAN、佐藤かよ、中村中らをモデルにレスリー・キーが撮影
東京オリンピック・パラリンピック開催の2020年までに、1万人の撮影を目標としている同プロジェクトの第一弾は、世界的に著名な写真家レスリー・キー氏によって撮影され、モデルの佐藤かよ、歌手の中村中ら著名人をはじめ92組111人の当事者たちが登場している。

主催者の認定NPO法人グッド・エイジング・エールズの松中権代表は、本プロジェクトの目的を以下のよう説明する。

「日本ではLGBTの存在があまり知られておらず、偏見や差別も見えにくい。先日、渋谷区でパートナーシップ条例が成立したけれど、(LGBTの存在を示し、受け止めるための)制度だけでなく、自分たちと変わりない身近な存在と一般の方々に知ってもらう、意識改革のためのプロジェクトです」


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.