くらし情報『「冬でも日焼け止めは欠かさない」 少女たちが憧れる、現役女子小中学生モデルのぶっちゃけ座談会』

2015年5月1日 18:00

「冬でも日焼け止めは欠かさない」 少女たちが憧れる、現役女子小中学生モデルのぶっちゃけ座談会

「冬でも日焼け止めは欠かさない」 少女たちが憧れる、現役女子小中学生モデルのぶっちゃけ座談会

左から、堀越かのあさん(10歳)、飯塚理珠さん(12歳)、小林紗良さん(12歳)、松田望愛さん(12歳)

「JSモデル」、「JCモデル」という言葉をご存知でしょうか。JSは女子小学生、JCは女子中学生。昨今、ローティーン誌の増加やモデルの低年齢化により、10歳前後のモデルさんが活躍する場がぐんと増えました。各誌の卒業生には今をときめく出世株も多く、ローティーン誌トップの発行部数を誇る『nicola』(新潮社)でいえば新垣結衣さんや栗山千明さん、同じく人気誌の『ピチレモン』(学研パブリッシング)でいえば宮﨑あおいさんなど。芸能界への登竜門のひとつとも言えるのがJS・JCモデルという職業なのです。

コスメやファッション、通信機器の進化により、アラサー世代が子どもだった頃とかなり違う生活を今の女の子は送っているはず。そんな中でも、多くの女子小中学生が憧れるJS・JCモデルたちは、どんな日常を過ごしているのでしょうか。華やかな世界で生きる10~12歳の現役モデル4人にさまざま質問をぶつけてみました。

たくさん服が着たくて、自分の意思でモデルに応募しました
――まずは、モデルになったきっかけから教えてください。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.