くらし情報『「婚姻届は愛の証明」 同性婚が認められない日本で、女性と結婚したタレント・一ノ瀬文香が求める権利とは』

2015年5月27日 18:00

「婚姻届は愛の証明」 同性婚が認められない日本で、女性と結婚したタレント・一ノ瀬文香が求める権利とは

「婚姻届は愛の証明」 同性婚が認められない日本で、女性と結婚したタレント・一ノ瀬文香が求める権利とは

タレント・一ノ瀬文香さん

日本でも、今年3月31日、渋谷区にて同性カップルに「パートナーシップ証明書」を発行する条例が可決・成立しました。同性間の婚姻を法的に認めたものではありませんが、公的機関として初めて同性カップルを「男女の婚姻関係と異ならない程度の実質を備える」と位置づけたことは、歴史的な事業として注目されています。

そうしたなか、今年4月、タレント・一ノ瀬文香さんと女優・杉森茜さんが都内で結婚式を挙げたことが話題になりました。また、5月8日に一ノ瀬さんがブログで、区役所に婚姻届を提出したことを報告。結果的に不受理となったものの、2人は今後も婚姻届の受理に向けて行動を起こしていくことを明言しています。今回は、一ノ瀬さんに婚姻届提出までのいきさつや、これからのことについて伺いました。

「愛の証明」としての結婚届
――今回、婚姻届を提出されたのは、どんな思いからだったのでしょうか?

一ノ瀬文香さん(以下、一ノ瀬):もともとは、茜(パートナーの杉森茜さん)から婚姻届を出したいと打ち明けられました。ほとんどの方は、結婚式を挙げることと、婚姻届をセットに考えていらっしゃると思いますが、気持ち的にはそれと同じような感じだと思います。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.