くらし情報『特別扱いしてほしいわけじゃない LGBT当事者がカミングアウトであなたに伝えたいこと』

2015年7月1日 18:00

特別扱いしてほしいわけじゃない LGBT当事者がカミングアウトであなたに伝えたいこと

特別扱いしてほしいわけじゃない LGBT当事者がカミングアウトであなたに伝えたいこと

松中権さん

>>【前編はこちら】LGBTの割合は左利き人口と同じいま企業が向き合うべき「7.6%」の重み

LGBTという語が一般的になり、「レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー」に代表されるセクシュアル・マイノリティの存在が知られるようになっても、その実態となるといまひとつわからない……。『LGBT初級講座 まずは、ゲイの友だちをつくりなさい』(講談社)は、そんな人たちに向けた1冊でです。著者である松中権さん自身の体験を織り交ぜながら、LGBTとはどういった人たちか、その取り巻く環境とは、社会が解決すべき問題点とは、などの内容がまるで友人に語りかけるような親しみある文体で、わかりやすくつづられています。

ウートピ読者にもいろんなセクシュアリティの方がいるはずですが、統計的にいってもおそらく大半は、シスジェンダー(カラダの性とココロの性が一致している人)で、ヘテロセクシャル(異性愛者)。松中さんによる「出張・LGBT初級講座」後編は、そんな性的マジョリティとLGBTの関わり方にクローズアップしました。

カミングアウトは信頼感を伝えること
――本書では松中さんがご家族にセクシュアリティをカミングアウトされた経緯について、たいへん詳しく書かれていました。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.