くらし情報『風邪を引いたら恋人にそばにいて欲しい? 「ひとりでいい派」と「看病して欲しい派」が揉める理由』

2015年7月10日 20:00

風邪を引いたら恋人にそばにいて欲しい? 「ひとりでいい派」と「看病して欲しい派」が揉める理由

風邪を引いたら恋人にそばにいて欲しい? 「ひとりでいい派」と「看病して欲しい派」が揉める理由
第3回軽い風邪を引いた時「付き添うか、付き添わないか」
普段は『ひとり暮らし』になんら不自由を感じていないとしても、体調を崩した時だけは、不安になったり不便を覚える人も多いことと思います。薬がない、飲み物がない、食べ物がない、そんな場合、ちょっとした風邪くらいならば、近くのコンビニや薬局やスーパーに自分で買いに行くこともできますが、ノロウイルスにやられて下からも上からも垂れ流し状態だったり、インフルエンザで起き上がることさえシンドく、外出そのものがままならないという状態に陥ることもあるわけで、近くに住んでいる友人が頼りになればいいものの、そんな友達もいない、という場合は、もうニッチもサッチも行きません。

それが『ふたり暮らし』ならば、とりあえずは安心です。薬や食べ物の心配は必要ありませんし、病院やトイレに行くにも介護を頼めます……と思いきや、「病気の時に、相手にどこまで求めるか、どこまで求められるか」は、人それぞれ。ゆえに、喧嘩の火種となることもあります。

看病はすべからくありがたいわけではない
例えば、わたしがかつてお付き合いしていた男性は、体調が悪い時は、側に付き添っていて欲しい“看病派”の人でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.