くらし情報『60万人が癒されるフレンチブルと子どもの日常 「ムーとたすく」作者に聞いた人気の秘密』

2015年7月26日 12:00

60万人が癒されるフレンチブルと子どもの日常 「ムーとたすく」作者に聞いた人気の秘密

60万人が癒されるフレンチブルと子どもの日常 「ムーとたすく」作者に聞いた人気の秘密


1人のママがインスタグラムにフレンチブルドッグの「ムー」と3歳の男の子「たすく」くんの日々の写真を掲載。それが瞬く間に人気となり、世界中からフォロワーが集まりました。それをきっかけに、フォトブック『ムーとたすく』を出版。まさにSNS時代を象徴するような出来事ですが、その後、弟が生まれ、今月、2冊目となる写真絵本『きょうはなにする? ムーとたすく』(ポプラ社)が刊行されました。

子どもたちと「ムー」が世界的な人気者になったこと、SNSに子どもの写真を載せることなどについて、著者であり、ふたりといっぴきのママであるAyasakaiさんにお話を伺いました。

犬ブログから犬×子供のインスタグラムへ
――まず、1冊目の写真集である『ムーとたすく』が生まれた背景について教えてください。

Ayasakaiさん(以下Aya):子供ができる前にはムーさん、それから亡くなってしまったロッちゃんというフレンチブルドッグを飼っていました。そこにたすくが生まれたので、ムーさんはたすくのお兄ちゃんなんです。写真はもともと好きで、犬に関するブログはやっていたのですが、出産後は一眼レフで撮影したり、PCを立ち上げることが少なくなってしまい_……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.