くらし情報『クーラー派 VS アンチクーラー派 暑がりと寒がりが同棲したときの妥協点を探ってみる』

2015年7月31日 15:00

クーラー派 VS アンチクーラー派 暑がりと寒がりが同棲したときの妥協点を探ってみる

クーラー派 VS アンチクーラー派 暑がりと寒がりが同棲したときの妥協点を探ってみる


第6回部屋の温度調節をどうするか問題
季節は夏真っ盛りですが、日本はいつからこんなに暑い国になってしまったのでしょうか。昔は、もう少し過ごしやすかった記憶がありますが、ここ数年、「クーラーなんてつけなくても、大丈夫」とは言えない。猛暑日が増え続けている上、「自宅で熱中症にかかり、死亡した」などという悲惨なニュースを聞くと、節約やエコとばかりも言ってはいられない状況にあるといえると思います。

が、暑い夏だからこそ「クーラーが寒くて凍えそう」という目に遭うこともしばしあります。オフィスや飲食店などの公共の場であれば、自分ひとりのために温度を調整することはなかなか難しく「着こむ」という自己防衛策を取るしかないかもしれませんが、問題は自宅。そう、パートナーが暑がりであったり、また極端に寒がりの場合の攻防は、生活する上で避けては通れない問題です。

「アンチクーラー派」対「クーラー派」
まずもって、クーラーへのスタンスとして、“なるべくつけない方がいい”という考えの人と、“つけることに、なんのこだわりも抵抗もない”という人がいます。アンチクーラー派の意見を聞くと「自然の風のほうが気持ちがいい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.