くらし情報『女装はするけどGENKINGとは違う 元・男の娘AV女優、大島薫がおネエとしてTVに出ないワケ』

2015年8月5日 20:00

女装はするけどGENKINGとは違う 元・男の娘AV女優、大島薫がおネエとしてTVに出ないワケ

女装はするけどGENKINGとは違う 元・男の娘AV女優、大島薫がおネエとしてTVに出ないワケ

8月18日発売『ボクらしく。』大島薫

>>【前編はこちら】「若さと美貌はお金になる」 男なのに可愛すぎる元AV女優・大島薫の努力の裏側

女性顔負けの可憐かつ可愛らしさを持ち、”男の娘AV女優”という肩書きで活動していたにもかかわらず、前半インタビューで「僕は女性になりたいわけではない」という衝撃の告白をサラッとしてのけた大島薫さん。女性になりたいわけではないのに、女装で日常生活を送るとは、一体どういうことなのでしょうか。過去から現在まで、大島さんのセクシュアル・アイデンティティに迫ります。

女装は通過点ではなく、完成形
――元々、どうして女装で生活しようと思ったんですか?

大島薫さん(以下、大島):15歳のときに「女装がしたい」と思い、家でこっそりと楽しんでいました。やるうちにもっと女性的になりたいと望むんですけど、そのたびに現実の壁にぶち当たるんですよね。

「ウィッグを使うより地毛を伸ばしたいけど、学校があるし」
「歩き方を女性的に直したい。じゃあ毎日女性として生活すれば直るかもしれないけど、学校があるし」
「そもそも、就職とかどうしよう?」

成人してからは髪を伸ばすようになり、男性としてゲイビデオに出演していました。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.