くらし情報『洗濯作業の上手な分担方法は? 長続きカップルがやっている家事分担のコツ』

2015年8月8日 12:00

洗濯作業の上手な分担方法は? 長続きカップルがやっている家事分担のコツ

洗濯作業の上手な分担方法は? 長続きカップルがやっている家事分担のコツ


第7回洗濯を揉めずにこなす方法
一度でも、パートナーと一緒に暮らした経験のある人に「やり方で一番揉めがちな家事は何か」を尋ねてみたところ、一番多く返ってきたのが“洗濯”という答えでした。

洗う頻度から始まり、残り湯を使うか使わないか、柔軟剤を入れるか入れないか、部屋干しか外に干すか、干すときに靴下のどっち側を洗濯ばさみで止めるか、バスタオルやリネン類はどれくらいの頻度で洗うのか、そもそも2人のものを一緒に洗うか洗わないか、取り込んでたたんだ後、クロゼットに誰が仕舞うのか……少し考えただけで、これだけの煩瑣が浮かんでくるのですから、そこに齟齬が生じるのも当たり前のことかもしれません。

洗う・干す・取り込む・たたむ、すべてこなすと、それなりの時間が必要
さて、“洗濯”のキモはその作業手数の多さにもあると思います。洗う・干す・取り込む・たたむ、と4つの手順があり、しかも、作業と作業の間に、数十分から半日以上の時間差を必要とします。この4つをすべてひとりでこなすとすると、それなりの時間が必要となるのは瞭然です。

もっとも、“洗う”については、今は全自動の洗濯機を使うのが主流ですから、ボタンを押すだけ、他の作業の片手間にできます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.