くらし情報『肉を食べたい男と食べたくない女 同棲カップルが食事で揉めないための方法とは』

2015年8月14日 20:00

肉を食べたい男と食べたくない女 同棲カップルが食事で揉めないための方法とは

肉を食べたい男と食べたくない女 同棲カップルが食事で揉めないための方法とは


第8回料理の味付けをどうするか問題
孤独を感じながらひとりで取る、寂しい食事のことを『孤食』、人と一緒に食事を取ることを『共食』と呼ぶそうです。もちろん、ひとりで食べる食事がすべて孤食というわけではなく、充実や自由を感じながらひとりの食事を愉しめることもありますし、反対に共食に息苦しさを感じる場合もあると思います。

パートナーと共に暮らすことは『孤食』を防げるというメリットがありますが、『共食』ゆえの悩みや問題が発生することも……というわけで、今回は、ふたり暮らしの食事について考えてみたいと思います。

薄めの味付けにしておいて、個々に調整するのが合理的
まず食事で一番揉めるのは、なんといっても味付けやメニューへの不満ではないでしょうか。もちろん「作ってくれるのだから、なんでもありがたく食べるべき」というのが正論だとは思いますが、しかし、「作るほうも、もう少し相手のことを考えてあげてもいいのでは?」という事案もあると思います。

以前聞いたのは、「夫は肉料理を食べたがるけれど、わたしは食べないようにしているので、作りたくないし、基本的には作らない」という話で、もちろん健康を気遣ってのこともあるとは思うのですが、肉を食べたいという人が、菜食主義を強制させられるのは、少し気の毒な気がします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.