くらし情報『お前らいつまで痴漢し続けるつもりだ問題 電車内の性犯罪はなくせるか【田房永子×小川たまか】』

2015年9月11日 12:00

お前らいつまで痴漢し続けるつもりだ問題 電車内の性犯罪はなくせるか【田房永子×小川たまか】

でも、電車っていう、人がたくさん乗ってる細長い箱の中ででも、やめさせることができないのは、単純になんでなんだろうと思うんですよね。

小川:夜、誰もいない場所で起こるわけではなく、多くの場合が朝や昼間、周囲にたくさんの人がいる状況で起こる犯罪ですからね。スリと違って痴漢は「相手に気付かれないように行う」犯罪でもないです。

田房:うん。でも私自身も、「電車内痴漢ってよく考えたら簡単に撲滅できそうなのに、どうして実現してないんだろう」と思うようになったのは、30歳過ぎて痴漢について調べ始めてからでした。子どもの頃から、「痴漢するような“変な男”がいるのは当たり前、女である自分は被害にあっても仕方ない」みたいな空気が充満していたから、「撲滅できるんじゃないか?」なんて考えたこともなかったです。でも実際は、そういう空気を作る世の中の認識と風潮が、痴漢犯罪を伝統のように守ってしまっている原因だと思うんですよね。警察や刑務所内での動き方も、鉄道会社の対応も、その伝統を守るのに一役買っちゃってると思う。だからその歪んだ仕組みに対してアクションを起こせば、電車内限定なら、痴漢犯罪はなくせるんじゃないかと思うんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.