くらし情報『デモは一時の“流行”で終わらないのか? いま日本人が首相官邸前に集う理由』

2015年9月16日 12:00

デモは一時の“流行”で終わらないのか? いま日本人が首相官邸前に集う理由

デモは一時の“流行”で終わらないのか? いま日本人が首相官邸前に集う理由

小熊英二さん

安保法案反対、集団的自衛権反対などのデモに参加する人々が増えています。2015年8月30日の国会前デモに様々な年代の人々が多く集まったことを報道で知った人は多いでしょう。

この注目の現場をドキュメンタリーで紹介した映画『首相官邸の前で』が、今月19日から東京や大阪、名古屋、仙台、札幌、広島などで公開されます。この映画は、2012年夏、福島第一原発事故後の政府の対策に抗議する人々の官邸前のデモを映し出したもので、デモの現場にいた人たちが撮影していた映像、自宅に戻れない福島の女性がデモに駆り立てられた経緯や、菅直人元首相のインタビューにまで渡り、高揚した実際の現場を鮮明に映し出した内容になっています。

デモをしていったい何が変わるのか?歴史社会学者であり慶応大学教授の小熊英二監督に、デモを通して見えてくるもの、社会の変化について聞きました。

デモは世の中の動きのひとつの表われ

デモは一時の“流行”で終わらないのか? いま日本人が首相官邸前に集う理由

『首相官邸の前で』より

――この映画を見ると、政治への意識・感心が薄かった人でも心が動かされる内容だと思ったのですが、この作品を作られた理由は?

小熊英二さん(以下、小熊):いままで政治について考えたことがなかった人であっても、この映画を見ることによって、何かしらその人の気持ちが動くように作りました。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.