くらし情報『被災地だからこそ、第三者に相談したい 歌舞伎町の「駆け込み寺」が聞く東北の心の声』

2014年3月12日 10:00

被災地だからこそ、第三者に相談したい 歌舞伎町の「駆け込み寺」が聞く東北の心の声

被災地だからこそ、第三者に相談したい 歌舞伎町の「駆け込み寺」が聞く東北の心の声

相談スペースの一角。取材中にも1人相談者が来訪した

「たった一人を救う」をモットーに人々の悩みに取り組み続ける新宿歌舞伎町の「駆け込み寺」。前編では設立の背景や引きこもり・ストーカーといった具体的な相談例について紹介しました。現在駆け込み寺の相談員は10名。一体どのような方が相談員をされているのか、引き続き瀬沼さんと井上さんに伺いました。

【前編はコチラ】DV、ストーカー、借金……悩みを抱える人を全力で救う歌舞伎町の「駆け込み寺」が聞いた相談者たちの声

元右翼、元ゲイバーのママ……経歴を生かして相談
――相談員の方々がここで働くきっかけなどに興味があります。みなさんどのような経歴をお持ちなのでしょう。

瀬沼:例えば相談員Iですが、彼はある右翼団体に在籍していました。ひょんなことで駆け込み寺の存在を知ってからは名無しで寄付を続けてくれました。その後、私どもが車を必要としていることをホームページで知り、初めて名乗り出て車を寄付してくれたのです。それ以降は相談員として活躍しています。実は相談のなかには反社会的勢力に関するものもあるため、その分野に強いIはとても頼りになります。

また、相談員Hは新宿2丁目で10年間ゲイバーのママをしていました。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.