くらし情報『「ストリッパーのくせに」と言われ続けたモデルのアンバー・ローズ  女性差別反対デモでの発言が話題に』

2015年10月11日 17:00

「ストリッパーのくせに」と言われ続けたモデルのアンバー・ローズ  女性差別反対デモでの発言が話題に

「ストリッパーのくせに」と言われ続けたモデルのアンバー・ローズ  女性差別反対デモでの発言が話題に

YouTubeより

ロサンゼルスで10月3日、「スラットウォーク」が開催されました。「スラット(=slut)」とは、「あばずれ、尻軽女、売春婦」などを意味する侮辱語です。

「売春婦のような恰好をするべきではない」発言がきっかけに
「スラットウォーク」が始まったきっかけは、カナダのトロント州にあるヨーク大学で2011年1月、講演をしていた警察官が「女性が性被害に遭わないためには、売春婦のような恰好をするべきではない」と発言したことでした。

この発言を問題視した女性たちによって、「性犯罪をなくすためには、そもそもそうした男性目線の偏見を取り除くべきだ」「女性がどんな服を着ようと自由だ」と抗議しながら街を歩く「スラットウォーク」が生まれたのです。これまでにボストンやシカゴ、ロンドン、バリ、メルボルン、ソウルなど地球規模で行われています。

モデルのアンバー・ローズがスピーチ
10月3日にロサンゼルスで行われたスラットウォークでは、デモを先導したモデルのアンバー・ローズがスピーチを行いました。そので彼女が訴えた内容が海外でも話題になっています。

アンバーはシングルマザーの母親を経済的に助けるため、15歳でストリッパーになったという経歴の持ち主。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.