くらし情報『電車内での痴漢被害、66%が経験あり 何が犯罪を助長させてきたのか』

2015年11月2日 07:00

電車内での痴漢被害、66%が経験あり 何が犯罪を助長させてきたのか

家帰って親の顔見るんが、なんか辛かった記憶があります
・全部「ちかん」で軽く済ませすぎ。親の立場になって、自分の子供が強姦や精液つけられたとか言われたら犯人殺すって思う。仕方ない、なんて絶対言わない

これだけ多くの人が被害にあっているのに、まるでなかったように見過ごされてきたことが信じられません。

ないと回答した人も被害を見聞きしている
一方、ないと回答した人も、「痴漢は日常的にある」と感じているようです。

・周りの女友達で痴漢にあったことない人聞いたことないかもしれない。痴漢の刑罰もっと重くすべき
・田舎の電車なので痴漢被害には会いませんでした。しかし、同じ路線利用してた友人は、他人の目線も気にしないような男性から嫌がらせをされたことがあると話していたため、田舎=安全とは言えませんが…。また、その路線以外に利用する公共交通機関がないため、嫌でもその路線を利用するしかありません。朝早いので、一緒に行く友人もいなかったそうです

この他、電車内ではないものの、駅の階段や別の場所で痴漢にあったことがあるという声も、複数寄せられました。

周囲の無知、無理解が被害者を二重に傷つけている
被害者の中には「派手な服装をしているから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.