くらし情報『電車内での痴漢被害、66%が経験あり 何が犯罪を助長させてきたのか』

2015年11月2日 07:00

電車内での痴漢被害、66%が経験あり 何が犯罪を助長させてきたのか

「性的魅力があるから」「痴漢は男にとって気晴らし」など、心ない言葉を浴びせられたという人もいました。

・高校時代、生徒指導の男性教諭から「だらしない服装や短いスカートの生徒は痴漢に遭うぞ」と指導されていましたが、実際は校則を破るような派手な子ではなく地味で自分に自信のない大人しそうな少女達が狙われることくらい、女子生徒なら誰でも知っていました。今思い返すと男性教諭の発言はとんでもないセクハラだし、正犯罪被害者の気持ちを侮辱する酷い行為だと思います。
・高校生の頃、通学電車で毎日痴漢に遭っていました。父に相談したら、そういう気晴らしもないとな。といわれました。以来、誰にも言わなかった。男はみんな信じられないと思い込んでいました
「○○だから痴漢にあう」と被害者側に理由を求める考え方がそもそもおかしく、痴漢を「仕方ないこと」として片づけやすくしてしまっているのかもしれません。「電車内の痴漢なんて別に珍しいものでもない」「我慢するのが普通」と軽く扱ってきた問題意識の低さや、社会の無関心が、痴漢という犯罪を助長させてきたのではないでしょうか。

(内野チエ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.