くらし情報『飯島愛が「ぶっちゃけタレント」と一線を画した理由 彼女の遺した叫びを振り返る』

2015年11月1日 17:00

飯島愛が「ぶっちゃけタレント」と一線を画した理由 彼女の遺した叫びを振り返る

飯島愛が「ぶっちゃけタレント」と一線を画した理由 彼女の遺した叫びを振り返る


飯島愛のブログ「飯島愛のポルノ・ホスピタル」が、2015年10月31日23時59分に閉鎖された。最後の更新は08年12月5日。同年12月24日に、飯島は自室で帰らぬ人となっていたところを発見された。死因は肺炎で、すでに死後1週間ほど経過していたという。ブログのコメント欄には、追悼のコメントやメッセージを書き込む人が相次ぎ、08年12月5日付けの記事のコメントは7万件以上にのぼった。

ぶっちゃけトークが人気に
飯島は、バラエティ番組での歯に衣着せぬ物言いで人気となり、過去の両親との確執、家出、援助交際、整形、AV出演などを赤裸々に告白した自伝『プラトニック・セックス』(小学館)はミリオンセラーとなった。「お金が大好き」と公言して憚らず、自分の弱さ、汚さも露にすることで支持を得てきた飯島。しかし、彼女がぶっちゃけたのは、それだけではない。「寂しい」という感情すらも隠さなかった。茶化すわけでなく、自虐でなく、婉曲にかまってもらおうと試すわけでもなく、心の底から発せられる「寂しい」という叫び。これは、他のぶっちゃけタレントとは一線を画している。「寂しい」と一言書くのは、「お金が大好き」「きれいな女に嫉妬する」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.