くらし情報『実親が迎えに来る可能性もある 漫画家・古泉智浩が伝える里親の実情』

2015年11月18日 12:10

実親が迎えに来る可能性もある 漫画家・古泉智浩が伝える里親の実情

600万円をかけた不妊治療の後、里子を引き取る決断をした漫画家の古泉智浩さんへのインタビュー後編。その子育ての模様と里親制度について赤裸々に綴った『うちの子になりなよ』(イースト・プレス/11月15日刊行)で、古泉さんが伝えたかった“里親”の実態とは?

【前編はこちら】600万円の不妊治療を経て里親に―『うちの子になりなよ』著者・古泉智浩が語る

実親が迎えに来る可能性もある 漫画家・古泉智浩が伝える里親の実情

『うちの子になりなよ』(古泉智浩著/イースト・プレス)

里子は、実親から“預かっている”だけ
――不妊治療の果てに里子を預かったということですが、里親制度の存在を知ったきっかけはなんだったのでしょう。

古泉智浩さん(以下、古泉):僕の友人で、お付き合いしている彼女とその連れ子と一緒に住んでいた人がいるんですけど、相手の女性が子どもを置いて突然失踪してしまったんです。でも友人は血の繋がっていないその子を実の子のようにかわいがっていて、「法律相談に行ってその子を自分の籍に入れたいと思っている」って話をしていたんです。僕、そのことにすごいびっくりして、まるで聖人みたいな人だなって思ったんです。その後、自分も離れて暮らしている実子と会ってから子どもが欲しくて仕方なくなって、里親研修を受けることにしました。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.