くらし情報『「女性は干渉されがち」犬山紙子と吉田尚記アナが考える、コミュニケーションの男女差』

2015年11月26日 18:00

「女性は干渉されがち」犬山紙子と吉田尚記アナが考える、コミュニケーションの男女差

読者から寄せられたリアリティある「クソバイス」(言われるとイラッとするアドバイス)を綴った『言ってはいけないクソバイス』(ポプラ社)を上梓したエッセイストの犬山紙子さんと、“よっぴー”ことニッポン放送アナウンサー・吉田尚記さんの対談の後編。前編・中編では、クソバイスをする人の心理や、「相手にインタビューする」という対処法が語られた。後編では、クソバイスに対する男女の心境の違いについて話し合った。

【前編はこちら】イラつくアドバイスをしてくる人の心理とは?犬山紙子吉田尚記アナが分析
【中編はこちら】ムカつく発言は「相手へのインタビュー」で受け流せ犬山紙子×吉田尚記アナ対談

男性はクソバイスを受け流している?
――『言ってはいけないクソバイス』で紹介されているのは、比較的、女性の発言が多いような気がしました。

犬山紙子(以下、犬山):今回、私にクソバイスを寄せてくれた層に女性が多いという理由もありますが、男性はクソバイスされることが少ない、というか流している人が多いようです。「男は嫁さんをもらってから社会的信用があるから結婚しろ」とか、それめちゃくちゃクソバイスでしょっと言葉を投げかけられている人も多いと思うんですが、聞き流している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.