くらし情報『「女性は干渉されがち」犬山紙子と吉田尚記アナが考える、コミュニケーションの男女差』

2015年11月26日 18:00

「女性は干渉されがち」犬山紙子と吉田尚記アナが考える、コミュニケーションの男女差

『性別が、ない!』(ぶんか社)という漫画で、男性と女性の世界を書いた4コマがあるんですが、そこで「男性の世界は砂漠にときどきオアシスがある感じで、基本的に放っておかれている。一方、女性の世界は基本的に優しい世界で、ときどき毒針がある」というようなことが描かれていて。これで納得いったんですよ。男はほとんどの場合、放っておかれているんですよ。女性の方がクソバイスをされがちで男性の方が言われないのは、放っておかれているというのもあるのかなと。

犬山:なるほど。たしかに女性は性的に守られなきゃいけない存在として、子どもの頃から親に守られ、恋人なんかについても干渉されることが多いと思います。その延長で他人からも守られ、そして干渉される。干渉されやすい性なんですよね、そして時にクソバイスという毒針に刺される。

吉田:「この漫画、翻訳して世界中に配信してもいいのではないか」と思うくらい、腑に落ちましたね。

「女性は干渉されがち」犬山紙子と吉田尚記アナが考える、コミュニケーションの男女差

吉田尚記さん

女子会で嫌なことをネタにして昇華する
犬山:吉田さんとお話していて、受け身がお上手なんだなと感じました。おもしろがったり、インタビューをしたりという、自分でどうにかする対処法が身についている。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.