くらし情報『元ジュノンボーイファイナリストがAV男優デビュー「タブー視を塗り替えたい」』

2015年12月5日 20:00

元ジュノンボーイファイナリストがAV男優デビュー「タブー視を塗り替えたい」

近年、イケメンのAV男優が活躍が目覚ましい。「エロメン」と呼ばれる、SILK LABO専属の一徹や月野帯人の名前を見かけたことのある人も多いだろう。

そんな中、元ジュノンボーイファイナリストが12月19日にAVメーカー「ROOKIE」初の単体AV男優として、女性向け作品にてデビューするという。彼の名はYUTA。22歳で、今年の春に大学を卒業したばかりだそうだ。

ジュノンボーイファイナリストというと、“セクシー”より“爽やか”というイメージが一般的だ。AVへの出演と聞くとギャップを感じる人も多いだろう。彼はなぜ、AVに出演することを決めたのか? YUTAに、芸能界デビューの経緯や、撮影現場で感じたことついて聞いた。

濡れ場も演じられる役者になりたい
元ジュノンボーイファイナリストがAV男優デビュー「タブー視を塗り替えたい」

YUTAさん

――YUTAさんはジュノンスーパーボーイコンテストでファイナリストになった後、映画や舞台、地上波のドラマなどでご活躍されたそうですが、なぜそこからAV男優としてデビューしたのでしょうか。

YUTAさん(以下、YUTA):マネージャーに「今、女性向けAVでイケメンの男優さんが人気なんだけど、YUTAもどう?」と紹介してもらいまして。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.