くらし情報『SMAPメンバーは独立しても干されないのか? 弁護士と考える国民的アイドルの行く末』

2016年1月16日 15:32

SMAPメンバーは独立しても干されないのか? 弁護士と考える国民的アイドルの行く末

国民的アイドルグループ「SMAP」の事務所からの独立・グループ解散騒動が大きな話題となっている。SMAPのうちの4人が事務所から独立した際は「事務所の妨害で、もう芸能界では仕事ができなくなるのでは」という心配の声も。確かに、事務所から独立、移籍をしたことで仕事をなくした芸能人は枚挙にいとまがない。ウートピでは、芸能界でよく起こる事務所移籍や独立でタレントが“干され”てしまう現象について、弁護士に聞いた。(編集部)

CDデビュー25周年の年に突然起きた解散危機
1月13日発行の日刊スポーツなどが「SMAP解散」という衝撃的なスクープを報じ、日本中がこのニュースに注目している現在。日刊スポーツには「キムタク以外独立」とも書かれてあり、5人グループのSMAPは4人と1人に別れてしまうのだという。同日、SMAPの所属するジャニーズ事務所が「一部メンバーの独立と担当マネージャーの取締役辞任について協議・交渉中」と認め、解散は噂ではなく“今そこにある危機”であることが判明した。

SMAPメンバーとジャニーズ事務所の契約は2016年9月まで。よりによってCDデビューから25周年という節目の年に、グループ存続を賭けたカウントダウンが始まってしまった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.