くらし情報『「女の子はピンクが好き」のイメージはなぜ? 社会が着せる“ピンク色の鎧”との戦い』

2016年3月30日 19:58

「女の子はピンクが好き」のイメージはなぜ? 社会が着せる“ピンク色の鎧”との戦い

最近は歌手やアイドルが憧れの職業にランクインしていますが、これもアニメの影響だと分析されています。ひとりの母親としては、普通の女の子が弁護士になって戦ったり、可愛い洋服を着て建築業で頑張ったりするアニメが出てきても良いんじゃないかと思うんですけどね。

男性の多い職業に進むには、相応の覚悟が必要になることも理由のひとつだと思います。しかし、先ほども申し上げた通り、自分は何が得意で何をしたいのかを考えず、「女性がたくさんいるから」「女性はこういう仕事をするものだから」という理由で就職するのは危険です。子どもの頃から、自分は本当に何が好きかを考えることが、日本女性の主体性や社会進出に大きく寄与すると思います。私自身、何も考えずに文学部に進学して就職に苦労した経験があるので、これは自戒でもあるのですが。

ピンクは社会の中で女性が強く生きるためのキーカラー

――ファッションの観点では、ピンク色を取り入れることで、男受けを意識している女性もいると思います。しかし、ピンクと男性受けってリンクしない気もしています。そのあたりはどうしょう?

堀越:おそらく、一般的な男性が好きなのはピンクより白が似合う女性ですよね(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.