くらし情報『言葉をうたえば、世界が変わる 『ウートピ』で短歌を大募集!(講師:加藤千恵さん)』

2016年5月2日 15:00

言葉をうたえば、世界が変わる 『ウートピ』で短歌を大募集!(講師:加藤千恵さん)

目次

・短歌の作り方って?
・例えばどんな短歌があるの?
・今月のテーマ
言葉をうたえば、世界が変わる 『ウートピ』で短歌を大募集!(講師:加藤千恵さん)

『ウートピ』では、みなさんから短歌を募集する企画をスタートします。

講師は、歌人で小説家の加藤千恵さん。毎月ひとつのテーマで募集し、加藤さんが優れた短歌を選び、その講評を記事としてウートピに掲載します。最後には、加藤さんの一首も添えられます。

短歌の作り方って?

短歌というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、決まりごとは「5・7・5・7・7の計31音で作る」ことのみ。俳句と違い、季語は必要ありません。言葉遣いも、文語ではなく、普段使っている言葉(口語)でOKです。

例えばどんな短歌があるの?

「幸せにならなきゃだめだ誰一人残すことなく省くことなく」

この1首は、加藤千恵さんの処女短歌集『ハッピーアイスクリーム』(集英社)から引用したもの。一見すると普通の文章に見えますが、

「幸せに(5音)ならなきゃだめだ(7音)誰一人(5音)残すことなく(7音)省くことなく(7音)」

と、リズムが刻まれていることがわかります。

なんとなく思ったことや、日常の喜び、悩みなどを短歌に変えてみると、自分の気持ちがいつもと違って見えてくるかも。もちろん、自分のことを詠んだ短歌だけでなく、想像力を発揮したフィクションも大歓迎。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.