くらし情報『雑誌『Cawaii!』は、なぜ女子高生にヒットしたのか』

2016年4月27日 14:41

雑誌『Cawaii!』は、なぜ女子高生にヒットしたのか

目次

・他の雑誌とは違う『S Cawaii!』の強烈なメッセージ性
・読者モデルを通じて「参加できる」雑誌づくりを
雑誌『Cawaii!』は、なぜ女子高生にヒットしたのか

――1995年。女子高生たちを熱狂させ、最盛期には40万部を超える発行部数を記録した、ある雑誌が誕生した。その名前は『Cawaii!』(主婦の友社)。森本容子福長優ら超人気読者モデルを輩出し、一世を風靡した同誌の創刊と最盛期、そして2009年の休刊に至るまでの歴史を描いたのが『ギャルと「僕ら」の20年史―女子高生雑誌Cawaii!の誕生と終焉』(亜紀書房)だ。

『ギャルと「僕ら」の20年史―女子高生雑誌Cawaii!の誕生と終焉』

『ギャルと「僕ら」の20年史―女子高生雑誌Cawaii!の誕生と終焉』

雑誌『Cawaii!』は、なぜ女子高生にヒットしたのか


その刊行を記念して、著者の長谷川晶一氏、アイドル評論家の中森明夫氏、『ギャルと不思議ちゃん論―女の子たちの三十年戦争』(原書房)の松谷創一郎氏を迎えてトークイベントが行われた。一大ブームとなった『Cawaii!』を作り上げた編集者たちの人生ドラマと、ギャルたちの熱狂をひもといていく。

左から、中森明夫氏、長谷川晶一氏、松谷創一郎氏

左から、中森明夫氏、長谷川晶一氏、松谷創一郎

女子高生ギャルブームを盛り上げた男性編集者たち

『ギャルと「僕ら」の20年史』でも語られているように、『Cawaii!』が誕生した95年は空前絶後のコギャルブーム。プリクラやルーズソックスなど、女子高生たちが発信したトレンドが社会で大きく認知され始めていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.