くらし情報『災害時、ガタイのいい男性に頼ってはダメ 9.11の生存者に共通する思考パターン』

2016年5月1日 19:50

災害時、ガタイのいい男性に頼ってはダメ 9.11の生存者に共通する思考パターン

目次

・“屈強な男性”を頼ってはダメ
・9.11の生存者に共通する思考パターンとは
・女性は「まわりを見て動く生き物」
・被災直後以外は、集団の方が安全
災害時、ガタイのいい男性に頼ってはダメ 9.11の生存者に共通する思考パターン

“日常”を一瞬にして覆してしまう災害。常識が通用しなくなる非常事態下では、普段何気なくやっているちょっとした行為が身の危険を引き寄せてしまうことも。

「パンツはトランクスタイプを履く」など、女性の視点から防災アドバイスを発信し続けている岡部梨恵子(おかべ・りえこ)さんに、非常時に女性が陥りがちな「心理のワナ」について聞きました。

“屈強な男性”を頼ってはダメ

──女性が身を守るために、一番大切なことは何でしょう? 

岡部梨恵子さん(以下、岡部):とにかく、ひとつだけ覚えておいてほしいのは、「自分の判断や五感を信じること」です。そして、少しでも危ないと感じたら、周囲の人がどう言おうと迷わず逃げるようにしてください。

被災したとき、ガタイのいい男性がそばにいたとしましょう。普段なら「ガタイがいい」という理由だけで、その人を信じたりはしませんよね?ところが、被災後の非常事態では、「男性である」「体が大きい」というだけで頼ってしまうことがよくあります。

「私、力が強くないし。どうしていいかわからないし」と男性から指示を待つポジションに回ってしまう女性も少なくありません。普段はバリバリ仕事をしていて判断力のあるしっかりした女性でも、非常時には、根拠なく屈強な男性に従ってしまうことがままあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.