くらし情報『災害時、ガタイのいい男性に頼ってはダメ 9.11の生存者に共通する思考パターン』

2016年5月1日 19:50

災害時、ガタイのいい男性に頼ってはダメ 9.11の生存者に共通する思考パターン

9.11の生存者に共通する思考パターンとは

緊急時は、判断を他人に任せてはいけません。緊急時こそ、自分で判断すべきなんです。ちょっとの判断の差で命を失うことはよくありますから。思考停止して人に頼りたくなる気持ちはわかりますが、その発想のせいで命が危機にさらされる可能性は高まります。

──実際にそういう例はよくあるのでしょうか?

岡部:そうですね、例えば9・11のアメリカ同時多発テロ事件のとき。崩壊した世界貿易センタービルには、飛行機が激突した時点で2パターンの人がいたそうです。「まわりも座ったままだし、大丈夫、大丈夫」とそのまま仕事を続けた人と、「いやいや、これはヤバい!」と必死に非常階段を駆け降りた人。助かったのは、後者だけです。

今、逃げるべきか、留まるべきか。判断基準は自分の五感しかありません。マッチョな男性が何を言おうと、惑わされない、頼らない。五感をフルに働かせて、自分で決めるようにしてください。

女性は「まわりを見て動く生き物」

──でも、非常事態こそ、ついつい多数派に流されてしまいそうです……。

岡部:そうですよね。でも、ちょっと考えてみてください。家にひとりきりでいて何か起きたら、否応なく自分で判断しますよね?警報が鳴ったら、「ヤバい!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.