くらし情報『60年間専業主婦だった女性が起業、年商5億に「夫の“付属物”だった時間を取り戻したい」』

2016年5月6日 21:30

60年間専業主婦だった女性が起業、年商5億に「夫の“付属物”だった時間を取り戻したい」

となります。私は60年間、自分の名前を名乗る機会がありませんでした。なので、最初は電話に出て自分の名前を名乗るのさえ恥ずかしくて怖かったんです。

誰かの付属物であるうちは、“嫌われる”こともほとんどありません。不動産の営業をしている時に、お客さんに怪しまれたり、煙たがられたりしたことは新鮮な経験でした。

――働くことが、すぐに喜びにつながったわけではないのですね。

和田:今は人前で喋れるようになりましたし、一日一日、自分が変身していく実感があります。ウルトラマンやジャックと豆の木のように、にゅ~っと自分が大きくなっていく感じです。家族にも、「おばあちゃんはこんなに明るい人だったんだ」と驚かれています。逆に言うと、専業主婦時代にどれだけ自分を抑えていたのかということなんですが。

“付属物”として過ごした時間を取り戻す

――今は何に喜びを感じていますか?

和田:やっぱり「自分で稼いでいる」ことですね。「自分の足で立っているんだ」という喜びや自信。自分の稼いだお金で物を買う嬉しさは何物にも代えがたいと感じます。新卒の初任給と似た感覚なのかもしれませんが、初めて稼いだお金で買い物をして、財布からお札を出した時はもう嬉しくて嬉しくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.