くらし情報『世界中の「姑」から認められる松浦亜弥 絶対に炎上しない“嫁力”を分析する』

2016年5月10日 20:00

世界中の「姑」から認められる松浦亜弥 絶対に炎上しない“嫁力”を分析する

の辻希美は、後藤真希の母親の通夜に黒のミニスカート+頭に黒の大きなリボンで参列し、「非常識」と反感を買った。ちなみに、辻は藤本美貴の結婚式には白いドレスに白いリボン、後藤真希の結婚式にも白いドレスで出席し、これまた「非常識」と叩かれた。辻は、一億の姑に叱られるニッポンの嫁という役割を見事に果たしている。

「あやや」がどこにいるかをきちんと把握

こうした失敗例がある中で、松浦のコメントが好評価を得た一番のポイントは、「マエケンさん、『あやや』の思い出をありがとうございます」という一文だろう。松浦の全盛期は、15年近くも昔。2009年以来シングルを発売していない。2013年にはw-inds.の橘慶太との結婚、2014年に第1子出産。まだ29歳とはいえ、すでに“あの人は今”状態だ。

「『あやや』の思い出をありがとうございます」という文章には、視聴者と松浦の懐かしい距離感が実に的確に表現されている。姑は自分の立ち位置を正確に把握している人が好きだ。輝いていた「あやや」というアイドルは過去の人。それを誇らしくも謙虚に受け止めており、前田さんにおもしろおかしくネタにされたことも今は「思い出」として感謝の気持ちに変わっているということをよく表現している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.