くらし情報『押切もえの歩みは“迷走”ではなく“堅実” 不遇時代をプラスに変える力』

2016年5月18日 20:26

押切もえの歩みは“迷走”ではなく“堅実” 不遇時代をプラスに変える力

目次

・モデル、小説…“多彩すぎる”活動
・迷走ではない、堅実なのである
・不遇の時代に熟成した思いをネタに
押切もえの歩みは“迷走”ではなく“堅実” 不遇時代をプラスに変える力

モデル、小説…“多彩すぎる”活動

小説2作目にして山本周五郎賞にノミネートされ、「僅差で受賞を逃した」と報じられた押切もえ。この報道で「押切もえって小説を書いてたんだ!?」と初めて知った人も多いのではないだろうか。

押切は、90年代にギャル誌の読者モデルとしてデビュー。その後、『CanCam』から『AneCan』(共に小学館)の専属モデルとステップアップし、小説家デビューは2013年。2015年には、絵画が二科展に入選した。そのほか、おしゃれな作業着で農業に取り組んだり(2015年にすでに行っていないことを告白し叩かれた)、ゴルフ、ヨガ、陶芸、気功、ダンス、座禅、トランポリンなど20種類以上の趣味を楽しんだり、温泉宿やマンションをプロデュースするなど多彩すぎる活動をしている。

プライベートでは、2016年2月に、千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手との交際を無断で公表し、謝罪するという騒動があった。押切と同い年の36歳でモデル仲間の蛯原友里は、RIP SLYMEのILMARIと結婚し、1児の母となり、『Domani』(小学館)で専属モデルとして活躍している。その実直ぶりとしばしば比較され、押切のことを「迷走している」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.