くらし情報『別荘2軒、サウナ3台でも「お金はない」 スウェーデンで感じた“豊かさ”とは』

2016年5月20日 14:59

別荘2軒、サウナ3台でも「お金はない」 スウェーデンで感じた“豊かさ”とは

目次

・「絶対に行かない」と誓っていた土地
・一家にサウナが2、3台!?
・2軒の別荘があってもお金はない
別荘2軒、サウナ3台でも「お金はない」 スウェーデンで感じた“豊かさ”とは

「ここに住んだら、どうだろう?」
そんなことを夢想しながら知らない街を歩くのも、ひとり旅の楽しみのひとつです。この市場で毎日買い物をして、週末になったらこの公園でゴロゴロ過ごして……あ、でも、仕事はどうするの?と思い出して、ふと現実に引き戻される。いつか、「仕事なんて、どうにかなるわ」と何も考えずに移住したくなるような理想の場所に出会えたらいいのに、と考えながら旅を続けている人も少なくないかもしれません。
今回は、研修医修了と同時に世界旅行に出発、約3年間で52ヵ国を旅した中島侑子(なかじま・ゆうこ)さんに、心から「本当に住みたい」と思った国、スウェーデンについて綴っていただきました。最後に5月12日に発売されたばかりの中島さんの新刊『医者のたまご、世界を転がる。』(ポプラ社)からとっておきのエピソードを一部掲載します。

【ウートピに掲載したエッセイ・エピソード一覧はこちら】

『医者のたまご、世界を転がる。』(ポプラ社)

『医者のたまご、世界を転がる。』(ポプラ社)

「絶対に行かない」と誓っていた土地

スウェーデン氷の湖で釣り

スウェーデン氷の湖で釣り

なんだか暑いな……。
そう思いながら街の温度計を見ると「−4℃」という数字が目に入った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.