くらし情報『気絶するほどの激痛、治療費1回60万… 不妊治療が「つらい」4つの理由』

2016年5月25日 14:59

気絶するほどの激痛、治療費1回60万… 不妊治療が「つらい」4つの理由

目次

・腕がパンパンに腫れるほど頻繁な注射
・1回で40〜60万の治療も
・一番つらいのは自己肯定感の低下
・ホルモン投与でメンタルも不安定に
・自分の気持ちにフタをしない
・「自分をゆるめる場所」を作る
気絶するほどの激痛、治療費1回60万… 不妊治療が「つらい」4つの理由

「つらい」といわれる不妊治療だが、実際に治療をスタートした場合、どんな壁に直面するのだろうか。不妊治療患者の支援を行うNPO法人「Fine」理事長の松本亜樹子(まつもと・あきこ)さんによると、「治療中の人が抱える負担は主に4つある」という。不妊治療に向き合う人たちを悩ませる「4つの負担」の“正体”を松本さんに聞いた。

腕がパンパンに腫れるほど頻繁な注射

――不妊治療は「つらい」「大変」とよく言われますが、実際、治療中にはどんな「負担」がともなうのでしょうか?

松本亜樹子さん(以下、松本):当事者が抱える負担としては、「身体的」「精神的」「金銭的」「時間的」の4つが挙げられます。身体の負担としては、主に痛みやだるさがありますね。副作用でおなかが腫れてしまう場合もあるし、頻繁に注射をするので腕がパンパンになって痛くなることも。検査にも痛みが伴います。例えば、卵管の状態を確認する「卵管造影」では、子宮の中から造影剤を入れるのですが、卵管が狭かったり、狭窄したりしている場合は、薬が通っていく時にものすごい痛みが走るので、あらかじめ麻酔を希望する人もいるほどです。子宮に針を刺して卵を採る“採卵”も、いわゆる手術の一種ですからそれなりに体に負担がかかります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.