くらし情報『女が“ぽっちゃり体型”のままで社会に受け入れられるには?』

2016年5月31日 15:00

女が“ぽっちゃり体型”のままで社会に受け入れられるには?

目次

・制服が邪魔をする
・「衣装の布面積多過ぎ担当」ズッキ
・フォーメーションダンスで存在を隠されて
・育ち盛りのアイドルにはありがちな「大きくなる」問題
・誰のことも妬まず、ニコニコ白米を渡す
・NYで大人気のアメリカンサイズッキ
・卒業後は、介護関係の仕事へ
女が“ぽっちゃり体型”のままで社会に受け入れられるには?

「小沢があなたの〜?(仔猫ちゃん!)29歳OLライター、小沢あやです!」
アイドルの連載ということで、それっぽい自己紹介からはじめることにしました。

制服が邪魔をする

思春期の頃、制服が大嫌いでした。
同じ服で並ぶことにより、体の発達の程度が一目瞭然で、嫌な思いをすることもありました。制服の呪縛がとけ、社会人になってからは、自分の体型をどうにかカバーするための服選びを勉強しました。女性ファッション誌を開けば、お尻が大きい人コーデやら、二の腕目線外しコーデやら、いろんな情報が飛び込んできます。可愛くなりたい!より、隠したい!という思いのほうが先にくる方も多いのではないでしょうか。

最近友達が、ブライズメイドで6人お揃いのワンピース着させられることになって、1ヵ月前から憂鬱になっていました。華奢で美人な友人達と同じミニドレスで、並ぶのが耐えられないという話です。気持ちはわかります。「私は二の腕や足出したくないんだけど!」なんて言ったら場が白けてしまいます。しんどいです。

「衣装の布面積多過ぎ担当」ズッキ

最後の鈴木香音さん参加シングル『泡沫サタデーナイト!』

最後の鈴木香音さん参加シングル『泡沫サタデーナイト!』

さて、本日、モーニング娘。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.