くらし情報『「仕事は1日3時間」 拡大路線を手放した36歳女性起業家の働き方』

2016年6月1日 20:00

「仕事は1日3時間」 拡大路線を手放した36歳女性起業家の働き方

ネット販売では、どこに面白さを感じていたのでしょうか。

遠藤:若者向けの服を販売していたのですが、商品の見せ方やページの作り方を研究したり、どんなふうにアピールすれば売れるのかといったことを考えたりするのが面白かったんです。工夫次第で手応えが得られ、成果に繋がる。商売の楽しさに目覚め、夢中になりました。ビジネスの原点はここで学んだ気がしますね。

25歳で不動産の営業に転身

――25歳で奮起し、営業に転職していますね。「刺激のない仕事生活」にピリオドを打ったきっかけは何だったのですか?

遠藤:「ちょっと頑張りたい自分」が出てきた頃でした。このまま意味のない時間をダラダラ過ごすのでは生きている価値がない、自分に合った仕事をして充実感を得たくなったんです。そんな時、隣の営業マンを見て、「私、営業のほうが向いているかも」とピンときました。
ネット販売で養った「商品の魅力を伝える」スキルは営業にも通じるのではと思ったんですね。世の中で一番高いものを売れたら何でも売れるはずだと考え、不動産の営業に転職。お客さんのライフスタイルを想像しながら、いかにピッタリの物件を提案するか、戦略を練ることがすごく楽しかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.