くらし情報『夏木マリも応援! セクシュアル・マイノリティーへの理解を深める「TOKYO RAINBOW WEEK 2014」に1万4,000人が参加』

2014年4月30日 12:00

夏木マリも応援! セクシュアル・マイノリティーへの理解を深める「TOKYO RAINBOW WEEK 2014」に1万4,000人が参加

夏木マリも応援! セクシュアル・マイノリティーへの理解を深める「TOKYO RAINBOW WEEK 2014」に1万4,000人が参加

レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー(LGBT)などセクシュアル・マイノリティーへの理解を深めるイベント、「東京レインボープライド2014 パレード&フェスタ」が4月27日に開催された。LGBTの人たちを中心に企業や団体などの支持者が、東京・代々木公園から渋谷、原宿を練り歩くパレードには、昨年の2,100人を上回る約3,000人が参加した。

連休中にLGBT関連のイベントが目白押し
これは、4月26日から5月6日にかけて開催されている「TOKYO RAINBOW WEEK 2014」の一環で、3度目となる今年は「教育」「職場」「老後」「医療」といった様々な場面で、LGBTたちを取り巻く環境に対する課題を提示。同性婚やエイズ、LGBTについて考える約50のイベントが開かれる。

「東京レインボープライド」としては3度目の開催だが、源流となるパレード自体は20年前から行われている。初回の1994年は新宿から宮下公園までを行進。約50人からスタートし、最後には300人以上にまで増えたというが、当時に比べると規模も拡大を続けている。

個人のほか、企業や学生団体、安倍昭恵さんもパレードに参加
パレードは、DJや吹奏楽隊の演奏に合わせて華麗に踊るドラァグクイーンたちを乗せたトラックを先頭に、個人参加のLGBTたちをはじめ、コスメブランドの「LUSH」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.